心のボタン

今朝は「寝坊だ~~」と、飛び起きました
が・・・・時計を見ると1時間早い・・・・・・
で・・・散歩に行きました。
クロベイ5
帰ってくると宅急便が届いていました。早々開けてみると
クロベイ
こんなにたくさんお酒と梨と・・・・小さな手作り絵本
その詩があまり素敵だったので紹介します。
クロベイ3
         心のボタン
               -東 君平ー
       猫の黒塀
クロベイは猫の名
クロベイは生まれて間もなく
死んでいたかもしれない
母さんからではなく
母さんの旦那から捨てられたから




クロベイは拾われて助かった
クロベイは命を掛けて可愛くないた
確かにクロベイはあの時
命を掛けてないた
拾われた
酔っ払いを送った帰りの天使に
クロベイにとって天使は命の恩人
クロベイにとって酔っ払いも命の恩人




クロベイはなぜクロベイ
黒い塀の所で拾われたからクロベイ
男猫クロベイ
生きて育ってる
今 私の家で
クロベイ2
赤ん坊の頃クロベイはよく跳ねた
バッタみたいに畳の上を
足の中に弾機(ばね)でも入っているように
チャッカ チャッカ と
拾われた嬉しさなのか
二度と捨てられないための演技なのか
跳ねるクロベイは家の中に笑いを
振り撒いた
目は泣いていた





母の乳の味か
恩人の情の味か
ミルクを嘗めるクロベイの後姿は寂しい
「クロベイ」と呼んでも
まだ自分の名前を知らない
振り向かない後姿が尚寂しい
痩せた胴が尚寂しい
クロベイ4
春の夜は
まだ寒い
砂箱を私の寝室に置いた
教えなかったがクロベイはそこを覚えた
前足で丁寧に砂をかけて
私の前に来るときは何事も無かったような
そんな顔が幼いクロベイに
もう出来ていた
喉をグルグル鳴らしながら
私の足許に潜って眠る
私はそれを許して
何とはなしの友情を猫に感じた
クロベイも私もいびきをかいて眠った
クロベイ6


春の日 クロベイは縁側で物思い
母のことか 兄弟のことか
あれやこれやの後
今の幸せに身震いし
思い出したように飲み残したミルクを
台所に行って飲む
やはり後姿が寂しい
「クロベイ」
用もないのに私は呼ぶ
クロベイ7




クロベイ11

蝶が舞っている
まだ昼前の春の日
あたたかな たたたかな陽が差して
物干し台に私のシャツがある
蝶がその上を通った
クロベイがその下に寝ている
私も何もせず それを見ている
蝶が戻って来た
そしてまた どこかへ行った




まだモシャモシャの毛の
まだ幼な過ぎる猫も
クロベイが居る
ピアノの脚の車を前足でひっかきながら
何もかも 見る物の何もかも
珍しかろう
クロベイ8
母さん 僕です
母さん 僕だよ
ほら 母さんとおなじ まっ黒だ
母さん どうして見てくれないの
どうして どんどん空に登ってしまうの
母さん 母さん
母さんが風に吹かれて飛ぶなんて
うそだろ母さん
母さんが僕を知らない筈はないよね
僕は今 母さん
僕は今 母さん
この通り元気です
母さんのことなんか忘れた日はないよ
なのに母さんは ぼくを忘れたの
なぜ風なんかに吹かれて飛ぶの
どこに行くの
なぜぼくをみないの




私の耳許に寝ながら
クロベイはよく泣いた
夢に母さんを見て
クロベイ9
クロベイは男である
短いしっぽをピンと立てて歩く
股の間にぼんぼりが見える
ぼんぼりとは
ぼんぼりとは
間違いなく男のしるしである
クロベイのぼんぼりはまだ可愛く
小さい
小さいぼんぼりでも
クロベイは堂々たる男である
  





「猫の黒塀」は、著者急逝のため、未完成となっております。(編集部注)

クロベイ10




    

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ゆっころさん、東 君平さんの詩集 心のボタンより「猫の黒塀」を気に入っていただけてとても嬉しいです。優しいわかりやすい言葉でつづられているので・・たくさんの方に愛してほしい詩です。大好きです。さし絵のクロベイもかわいいでしょう。v-290
BGMe-291「残照」・・足早に暮れてゆく 秋の夕陽v-482のいさぎよさ・・人生は祭りのよう・・淋しさに耐える勇気ができましたe-291なかなか私の望む夕日に出会えません。・・心と体・・頭の中・・そしてv-350までバラバラに初秋を楽しむので・・見逃しているのかもしれません。小平の夕暮れは・・暗く静かです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ピエロさん

とても素敵な詩で、泣けました。うちのちょびも
栄養ドリンクの箱に入って捨てられていました。
思い出しました。
この続きが知りたいです^^
ちょびみたいになっていたら、困るな~~

いろいろありがとう!早速頂いています。
昼間何度かTELしましたが留守のようでした。
お礼遅れてごめんなさいm(_)m

No title

う~~~ん、深~い、いい詩。
暑くもないのに、目に汗をかきました (^_^;)
そうか、未完成な詩なんだね。
ホントに続きが読みたくなりましたよ。

PS.
なぜ「犬」か。
植物の世界では、不要なものに「犬」を付けるの。
蓼(たで)は食用になる。けれど、食べられない蓼は犬蓼。
サフランは薬用、でも、似ているけれど、使えないのが「犬サフラン」
だから「犬」にも「サフラン」にも失礼でしょ(笑)
コルチカム・・・覚えてね~~~♪


llamaさん

へえ~~!
犬って、軽いんですね。
コルチカム~~難しい^^;

うちのちょびみたい!!
ちょびも捨て猫だってのです。
けど・・・・ちょびは性格がひね曲がってしまった^^;
私の育て方が間違っていたのか?????
甘えん坊は似てるけど・・・・・

No title

未完成ですかぁ。
続きは、各自思い思いに作られていくんですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます。

綺麗な秋の空!

黒猫クロベイちゃん 未完成なんですね。
我が家の黒猫みかんを保護した時のことをふと思い出しました。
まだ本当に小さくって(3週間ほどと先生がおっしゃっていました)
必死になって老犬サーブに寄ってきて 着いてこようとして・・・
サーブは無理やり引き離されて 散歩を続けても
おトイレ済んだら 私をみかんのところまでぐいぐい引っ張って・・・
何だか今は我が物顔で悪戯ばかりですが・・・(笑)

No title

素敵な詩ですね!!
強烈に惹き込まれました。
我が家にも黒猫がいます。
彼の心情の様に重なりました。
彼を育てた姫ちゃま。。。
今でも、時々、宙を眺めて、恋しそうにせつない声で鳴きます。
彼にとっての母親は姫ちゃまなのでしょう。
今彼は、姫ちゃまにして貰った様に、末猫ハナちゃんのお世話をしています^^

No title

おはようございます^-^
この著者は途中で亡くなられたんですね。
母親は、自分がいくつになっても母親で心の中では存在が大きいですね。
特に男にとっては…
素朴な挿絵が可愛くて素敵ですね。

ジュリアルーシュさん

そうですね。
うちのちゃびなら・・・・・それから3年
ヤクザになりましたジャンジャンで
終わり夢も飛び去ります^^;

けいさん

こんにちは^^
神奈川の空もすてたものではないでしょ?

そうだったの?やさしいサーブ君に助けられたのですね♪
未完成のままで・・・・
いいのかもしれません^^

うちのちょびも大きくなったら・・・・・ですもん^^;(笑)

はまぴーさん

はまぴーさんちの猫ちゃんたちは
優しさを受け継いでいるのですね。
感謝いっぱいなのでしょう・・・・・・
おぼっちゃマン君は幸せですね♪

あとほさん

そのようです。残念です。
昨日お友達が送ってくれて
泣きました。
母親は男にとっては特別なのでしょう・・・・・
挿絵かわいくて
全部アップしちゃいました♪

こんばんわ~♪

私も、昔から東君平さん好きです。いいですよね~♪
今朝、コンビニから送りました。明日着くそうです。
わぁ~ガラクタが来た~と思われたら、どうしよう。
ドキドキ~。気にいるものがあるといいけれど…。
クレイ粘土アートすごくステキでした。
私もやってみたくなりました。

PORIさん

昨日 お友達から
手作りの本が送られてくるまで、
東君平さんをしりませんでした。
感動です。うちのちょびも目のあいてない頃
捨てられた猫ですから・・・・・・

わ~~~楽しみ♪♪♪

粘土でリアルに作りあげて
1度試して見たいです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カウンター
プロフィール

ゆっころ

Author:ゆっころ
★好きなもの★
秋と冬のあったか~い日

★嫌いなこと★
冷たい水で顔を洗うこと

★気になる人★
草君・吉岡君

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アーカイブ
10  09  08  07  06  09  08  06  05  04  03  11  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク